"ライオン大爆笑" を YouTube で見る


ライオン大爆笑 - YouTube

仕事

今までの日記は誰かの日記や、ジャンク堂とかで立ち読みした本のショートストーリーを一部自分なりにアレンジしてきましたが、転職が決まった自分へのお祝いに全編自分の妄想、一部マジバナで日記書いてみます。

現在、朝の8時。何時間かかるでしょうか。


ネガティブな面があります。
今が幸せなかたはご遠慮ください。
なにか、自分や、周りにイヤなことがあり、幸せ満開じゃないって人に読んでもらいたい。

イッテミヨッ[i:164]




『だから、こんなん着られへんってばっ!!
早く、帰れよっ!!』

モノレールの改札ででっかいキャリーバッグとスーツが入った黒い袋を持った息子っぽい20歳ぐらいの男の子が母親に大声をあげている。

母親が息子にユニクロの白い袋を無理矢理渡そうとしていたが、息子は母親を突き飛ばし、袋を投げ捨て、

『もう帰ってこおへんからなぁ!電話もかけてくんなよ!』

家路に向かおうとした夕陽がイヤミたらしく眩しい日の夕方。

改札を抜けようとした時に、親子が言い合いをしていた。

 


沖縄に引っ越して4ヶ年が経った。
大阪でも適当に働いてきたが、やっぱり沖縄ででも適当に働いている。

働いたのは4年の間で短期間のアルバイトもあわせると、何社になるやろ。

上司や同僚とうまくいかなければ辞め、前の晩に飲みすぎて朝起きられへんかったらそのまま無断欠勤、無断退職。ただただ面白くないから適当な嘘をついては辞めを繰り返してきた。

いまは、派遣の添乗員で働いてるが、今の時期は個人の旅行客ばかりのため、団体の募集型(バスに何組かと沖縄を案内する仕事)専門の俺は今年の6月からはほとんど仕事っぽいことをしていない。

幸い、派遣の給料が2ヶ月先なため、なんとか8月末に入った薄っぺらいお給料で毎晩飲み歩いている。


大阪を出る時は家族を連れ出し、あの頃俺の中で守口で一番美味しいだろうっていう焼き鳥屋萬領をごちそうし、

『沖縄に行ってきます。
沖縄で自分の宿をしたいねん!始めは何もわからんから、ホテルか、旅行会社に入って、勉強してから、お金を貯め、人脈を拡げて、30代のうちに宿をやりたいねん。
心配かけるやろうけど、親不孝もんやろけど、逐一電話するし、たまに帰ってもくるし、宿ができたら一番に招待するから、心配いらんからちょっとだけ応援して。』

そんな気持ちすっかり忘れちゃっている。電話も長く俺からしてないし、前に電話したのは確か親友の結婚式に帰るからスーツをクリーニングだしといて!何かお土産いるか?って電話したぐらいやから1年以上前かも。

でも、うちのおかんは逐一電話をかけてくる。最近の親父の病気のことや、誰かが結婚して家買って、子供が産まれたってよぉ。って話ばっかり。

ホンマに耳が痛くなる話をしてきて、あんたはまだかいなぁ。早く孫の顔を見てみたいなぁ。
贅沢は言わんから、普通の仕事をして、普通の家庭をもってくれたらいいだけやねんけどなぁ。

そんな話が1ヵ月に1回。親父が入院した頃は週に1回かけてきていた。

俺は、おかんとの電話を切るため、おかんに心配をかけないために、嘘八百並べて、電話を切る。

おかんの中では、今の俺は、旅行会社の営業マン。朝から夜中まで働いている。
部署のリーダーもしていて、うちなんちゅの彼女がいて、結婚前提に付き合っていて、お金が貯まったら結婚するつもり。

ってなっている。
朝から夜まで働いてるから電話に出られへんってことにしている。


でも実際は、半分ニート。彼女も長くいない。
転職しようとハローワークに行ったり、求人誌からいくつか面接には行くが、資格やスキルや経験がなく、英語がしゃべれない、もうすぐ34歳。

簡単に決まるはずがない。

自分の中のしょうもないプライドが邪魔をして、妥協すれば仕事はあるが、もうこの年でまた好きでもない、やりたくもない仕事に就き、やっぱり長続きせずに辞めたら次の働き先はもっとないであろう。
だから、自分のやりたいことを次はちゃんとやりたい。
でも、それなりの収入が欲しい。
わがまま三昧である。
完全にダメ男である。


また今日もハローワークに行き、これ!っていう求人もなく肩を落としながら、旭橋でおり、家路に向かおうとした夕陽がイヤミたらしく眩しい日の夕方。

改札を抜けようとした時に、親子が言い合いをしている。

『だから、こんなん着られへんってばっ!!
早く、帰れよっ!!』

モノレールの改札ででっかいキャリーバッグとスーツケースを持った息子っぽい20歳ぐらいの男の子が母親に大声をあげている。

母親が息子にユニクロの白い袋を無理矢理渡そうとしていたが、息子は母親を突き飛ばし、袋を投げ捨て、

『もう帰ってこおへんからなぁ!電話もかけてくんなよ!』


母親は泣きじゃくり、改札を抜けた息子に手を振りながら、

『頑張っておいでよぉ!
いつでも帰っておいでよぉ!』
帰宅途中のかりゆしを着た会社帰りが多いなか、母親の声は鳴り響いている。

息子はずっと手を振る母親の方を振り向くことはなく、空港行き側のエスカレーターに上がっていった。

母親が見えなくなった頃に、俺には見えていた。その息子は両手で頬を強くパンッパンッと2回叩き、『よしっ!頑張るぞ!』と、気合いを入れていたのを。

たぶん、息子は学校を卒業して、内地に就職が決まったのであろう。

きっとこいつは頑張るだろう。
親に心配かけないように頑張るだろう。


俺は、なにをしてんねんやろう。
大阪をでた時はこいつと同じような気持ちで出てきたはずやのに。


もっかいイチから頑張ってみよう。
おかんに、ちゃんと仕事が決まれば俺から電話してみよう。

俺も改札側から1階に降りるエレベーターのなか、、2回頬を強く叩いた。

 

End

 

 

 

おとんのブログ

途中若干エロが含まれています。
18歳未満や、エロがお嫌いなかたはご遠慮ください。

 

うちのリアルおとんが俺の命を授かった時の頃の日記を見付けたので、全文コピーしました。

↓↓↓↓↓

 


最近、妻とはベッドの上で性交をしていない。

いつからだろうか。

ベッドでしないことが暗黙のルールとなっていた。

 

 

最初は半年ぐらい前のこと。

台所でふざけているうちに、ムラムラっとしたので、スカートをめくりあげ、膝下までパンティをずり下ろして、背後から冷蔵庫に手をつかせ、作業台に座らせ股を広げ、小さいダイニングテーブルの上に寝かせ、突いた。

妻の陰部は十代の処女のあの頃のようにグッチョリと濡れまくっていた。

ぼくもいつもよりも早く果てた。

脳天を撃ち抜かれるように快感に打ち震えながら。

 

 

ぼくの性生活はいたってノーマルだと思う。

しかし、残念ながら子供を授かることは未だにない。

不妊治療も色々と試したのだが、そのうちに自然に任せてダメなら諦めようと思うようになっていた。

ぼくはもちろん妻を愛している。いくら愛していても、望んでいても、授かれないものもある。

 


そのあと、何度か台所で性交を繰り返したが、なんとなくぼくはそれも飽きてきた。

妻も以前に比べて飽きてきているのが体をみるとわかっていたので、今度は風呂場に妻を誘ってみた。

妻もすぐにその気になった。

風呂場が飽きると、洗濯場で。次は押し入れ。廊下で。トイレで。

と、次々に場所を変えて性交した。

ぼくも妻も狭い所のほうが、より快感を得られることが次第に知った。

どちらかというと、性に消極的だった妻が、自分から誘ってきたのにはぼくもさすがに驚いた。

 


しかし、ぼくたちの家はそれほど広いわけではない。

居間のソファーの陰だとか、ぼくの書斎の机のしただとか、工夫を繰り返したが、なんだか前みたいに興奮ができない。

そこで、ぼくたちは部屋を出てみることにした。

屋外での性行為をこころみてみることを思ったのだ。

 

 

最初はマンションの屋上を選んだ。

うちのマンションはまわりのどのビルよりも背が高く、誰にも見られることはない。

幸い、今月は管理当番だったぼくはマンションのカギを預かっていた。

ぼくはベッドではない意外な場所で性行為をしたかったが、人に見られたいと思っていたわけではない。

それは妻も同じことであろう。

 

内側からカギを開け、用意していた外付けの南京錠で屋上のほうから閉めた。

初夏の日射しが降り注いだが、吹き付ける風が強く、肌寒い日だったのでよかった。

それでも、お互い裸になって抱き合うと、その温もりが心地よかった。

妻の陰部に触れると、小水でも漏らしたかのように、グッチョリと濡れていた。

触ると大きな声をあげたが、すぐに強い風に流されていった。

ぼくは妻を立たせ、フェンスに手をつかせ、背後から挿入し激しく突いた。ペシッ、ペシッと肌が合わさる音が響いた。ぼくは宇宙を感じた。

ぼくも妻もすぐに果てた。


太陽の下で、妻はいつもよりも美しかった。

 

 

それから何度か屋上での行為を続けたが、ぼくの管理当番が終わり、次の当番の住人に渡さなければならなかった。

ぼくたちは次の場所を探さなければならなくなった。

食事を食べ終え、家族会議を開き、紙に書いた。

公園、非常階段、森のなか。などなど、色々と考え、実際に何ヵ所か下見もしたが、どうにも踏み切れない。

覗かれたらどうする?警察に見つかったら?ぼくらは素人だった。

 

 

そんな時。『青姦スワップ倶楽部』となる、mixiのコミュニティの存在をしった。

ただし、ぼくたちは青姦はしたいが、スワップを望んでいるわけではない。

妻がだれか他人に犯されているのを正視できるはずがない。

 


やっぱり無理だよな。とか言いながら、妻に意向を訊いてみると、

『あなたがそうしたいならば、一度試してみよう』とか言い出してきた。

ぼくはそうしたいわけじゃないと思ってはいたが、確かに妻の目の前で犯してみたいという欲望がないわけではなかった。

 

 

コミュニティの管理人にメッセージを送り、コミュニティのイベントのことを知り、恐る恐る参加することにした。

会場となったのは、闘牛場。

闘牛場に入ると、既に酒池肉林の乱交が始まっていた。

ぼくらは圧倒され、輪に入ることができなかった。

でも、見ているだけで、ぼくのナニは硬くなっていた。

 

 

ぼくは妻の手を引き、闘牛場の中に入り、隅っこでこっそりと裸になった。

皆からわざと離れて抱き合い、体を擦りあい、舐めあい、そして挿入した。

月のキレイな夜だった。

周りのあえぎ声など耳には入ってこない。

妻以外の裸も薄暗くてよく見えない。

途中からは何も気にはならなくなった。

ぼくは宇宙の広さ、奥深さ、素晴らしさを知った。

妻を離したくない。

ぼくはこの異様な場所で、雰囲気で、妻への絶対的な愛を確認した。

 

 

いい知らせがあると言われたのは、それからだいたい1ヵ月後だった。

まさかとは思ったが、ぼくらは子供を授かることができた。

あれほど、色んなことや、ものを試してダメだったことが。

溢れんばかりの快楽がぼくらに宝物を授かることになったのだ。

 

 

いつか、妻のお腹の中の子供にこのことを話すことがあるであろうか。

もし、この子が不妊に苦しみ、悩むことがあったなら、それを話すことになるであろう。と思った。


子供を授かるにはベッドの上ではなく、闘牛場だ。と伝えてやろうと2人は心に誓った。

 


The end

 

 

こんなリアルおとんの日記を読んでしまいました。


ぼくとあなたが将来一緒になり、不妊で悩むことがあれば、リビングに一緒にひざまずき、うちのおとんからこの話を聞かされることでしょう。

 

続編
リアルおかんの

『彼がわたしの中に今までに入れたモノたち(仮)』

来秋、執筆予定

 


また長々と読んでもらい、ありがとうございます。


ご夫婦でぼくの日記を読まれたかた
ぼくのアパートの屋上のカギを御希望であれば貸します。
闘牛場の場所お教えいたします。

今、ぼくが40歳になろうとしています。
 40年前にブログってあったっけか?

 

運営されてる方々へ

アカウント削除しないでください。

あと、何回会えますか?

『 あと、何回会えますか? 』

 

 

実家を出て、親と離れて暮らしている人へ


あなたは、あなたの母親に1年に何回ぐらい会いに行きますか?


あなたの母親は何歳ですか?

 


俺は、沖縄にきて4ヶ年が経ちました。


沖縄に来てから会いに帰ったのは、2年に1回ぐらいです。


うちのオカンは60歳を余ります。






誰かが日記に書いてました。


その人の知り合いは1年に1回だそうです。


お母さんは50歳です。

 

日記を書いた人は

では、お母さんが80歳まで生きたとして、あなたと会えるのは、あと30回ですね。



怖くないですか?


俺のオカンだったら、2年に1回会っていくと数えて。

オカンが60歳余りで。80歳まで生きたとして。

あと、オカンに会えるのが10回って考えると。

 

久しぶりに、おかんに電話してみよかな。

 

ルイス・ヴィトン

20歳の頃、163号線の焼肉屋でバイトしてました。

ランチタイムのバイトを終えて、夕方におうちに帰り、冷蔵庫開けて麦茶飲んでたら、うちのおかんが帰ってきて、


『ちょっとカズヒロ!これ見て~♪』

嬉しそうにブランドもんの財布を見せてきました。

『どないしてんな?そんなブランドもん?』
『えぇやろぉ♪ルイ・ヴィトンやで♪』
『ブランドもんなんか珍しいな!なんぼやったん?もろたんか?』
『えっ!?』
『だから、なんぼやってんな?』
『千円。』
『はぁ?それパチモンやん。』
『やっぱり、分かるんや。』
『当たり前や!!ヴィトンが千円なわけないやろ。ルイス・ヴィトンってかいてるしっ!』


普段、ブランドもんとかはまったく興味もないし、俺たち兄妹やおとんにはそれなりにえぇもん買ってくれてたのに、自分は安い服やバッグを買っては大事に大事に使ってるおかんでした。

 


しばらくして、仕事で大阪を離れた時に、1人でブラブラ自分の服を探しに街を歩いていました。

1軒、ヴィトンのショップを見付けて、きたないジーパンに、よれよれのTシャツやったし、そんなブランドのショップには入ったこともなかたけど、入ってみました。

店員さんからしたら、こいつ絶対買わへんやろな。って格好してたのに、さすがに一流ブランド!
『お探しのものがありましたら、お声かけてくださいね。』

 

その中に1個、安くはないけど、頑張ったら買えるぐらいのバッグを見付けました。

手持ちもないし、銀行行っても残高足らへんけど、ローン組んで、今月ちょっとビール控えて、今月いっぱい残業したら買えるぐらいの値段やったから、初のブランドもんのバッグを買いました。

 

何日か後におかんから電話で、

『こんなん、どないしたん?お金は?』

やっぱりそこか

『ローン組んだ!』
『払えんのか?』
『なんとかなる!』
『ありがとうな。大事にするわ。』



うちのおかんはこの前、誕生日やったから、久し振りに電話した時に、

 

『そう言えば、昔に買ってあげたバッグどうした?』
『あるよ!』
『どこに?』
『箱になおしてある』
『なんで使ってへんねんな?』


『毎日使ってるよ。カズヒロが買ってくれたもんやから、使ったら毎回、キレイに拭いてから箱になおしてんねん』





100点満点中、何点ぐらいの妄想の話でしたか?

 


久し振りにさ、テレビのニュースを見てました。
暗いニュースや、明るいニュースいっぱい読んでたけど、
俺にはそんなこと、どうだっていいんですよ。


ただ、五体満足であなたが笑ってくれてたら。
それだけで俺は幸せです。

 

コンビニ

これは、3年ぐらい前。

 

 

少しだけ季節バイト行ってた時の頃の少しリアルな話です。

 

 

 

ちょっとだけ誕生日の前日と当日の話します。

今年の誕生日の前日は木曜日で次の日も朝から仕事やったから、
おうちで大人しくしてようと思って、
夕方4時に仕事終わらして、近所のコンビニに晩御飯と缶ビールとタバコ買って帰る所でした。


レジには、いつも夕方にバイト入ってる20代前半の女の子が担当でした。

その子はいつも誰にでも可愛い笑顔で対応してて、
俺のタバコの銘柄を覚えてくれてる子で、
お釣りをくれる時になんか一言、お疲れ様です。とか、
今日も寒いですね。とか声をかけてくれる子です。


1人で知らない土地に来てる俺にちょっとだけ笑顔で元気をくれてます。

 

その日にいつものようにレジでタバコとビールを買おうとしたら、


「お疲れ様です。タバコですか?93番ですね?
あと、今日で私ココのバイト辞めるんです。
今までありがとうございました。
元気で仕事頑張ってくださいね♪」

って言ってきました。

で、俺も

「そうなんや。お疲れ様。
寂しいなぁ。これからも笑顔で頑張ってね。」

って、言ったらその女の子は、少し下を向いて、
また顔をあげると最後の笑顔と、
声にはならなかったけど、口の動きで、はいっって言いました。

その目には涙が少し見えたような気がしました。

で、俺のレジが終わると女の子は小走りでバックヤードに向かいました。


俺は変な感じがしたけど、店を出て、おうちに帰りました。


しばらくコーヒー牛乳飲みながら、その子の笑顔を思い出してたら、
いつも笑顔と元気をくれるその子にもう1回逢いたくなって、
1番下のボタンが取れてるコートを羽織って、コンビニに向かうと、
その子は着替え終わって帰る所でした。


走り寄っていき、
「お疲れ様。終わったの?
なんか、ちゃんと俺からもありがとう。って言いたくて。
いつも、笑顔と元気をホンマにありがとう。」

って言うと、その子は、

「少しお話できますか?」

そのまま、その子のネクターの酎ハイ2本とチーズ鱈と、ジャガビーとを買って、俺のおうちに向かいました。

 

おうちで、HYのDVD見たり、プレステで遊んだり、色んな話をしました。

そのまま自然な流れで俺と女の子はキスしました。
キスのあと強く抱きしめ、「いい?」って聞くと、
女の子は恥ずかしそうに小さく頷きました。

2回目のキスは、長く熱いキスでした。

 

熱く、抱きしめ合い、愛し合いました。俺も女の子もいっぱいね。

俺の知ってる可愛らしい笑顔とは全く違った、
いやらしい顔と体で、熱く燃えました。

終始恥ずかしそうにしてる女の子でしたが、
熱くなってる様子が、声、顔、ボディラインに伝わって、
俺もいっぱい熱くなりました。

 

そのまま、俺の胸の中で女の子は寝てしまい、
俺もその子の可愛い寝顔を見ながら寝ちゃいました。


俺は何時間か後に寒さで起きると、俺の隣に女の子は居ませんでした。

夢だったのかと思い、寂しくなり、シャワーを浴びようと寝室を出ると女の子は隣の部屋で、俺のコートのボタンを付けてくれてました。


俺に気付いた女の子は、
「おはようございます。起きました?
ずっと気になってたんで、取れてたコートのボタン付けておきましたよ。」

その子の優しさと、笑顔を見てもう1回ギュッて抱きしめました。

俺の腕の中で女の子は、

「12時回りましたね。
お誕生日おめでとうございます。
2人でお誕生日会しましょ」

って言ってくれました。

 

 

 


「っていう感じのシチュエーションのビデオありますか?」

って、近所のビデオ屋の店員に長々と説明して聞いたら、

「ねーよ!帰れよ。」

って、言われました。